更年期とホルモン治療|健康をキープする術があった|有機田七人参という名のヒーロー
女の人

健康をキープする術があった|有機田七人参という名のヒーロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期とホルモン治療

下を向く婦人

更年期障害は40代から50代の女性の多くがホルモンバランスの変化とともに経験するもので、体温の調整が難しくなったり精神的に不安定になるなど、心身の症状が現れます。主に婦人科で投薬を中心に治療が行われる更年期障害は、障害自体と薬の特徴をしっかり理解する必要があります。女性ホルモンが減少すると女性は身体に不調が起こりやすくなり、更年期障害に使われる薬はこのホルモンを増やして正常値に戻すことが目指されます。医療機関では主に服薬や点滴、注射の形でホルモンに直接作用する薬が投与されて効果は大きいものの、近年は副作用の心配から天然由来の成分を使うことも多いです。天然成分では動物の胎盤から抽出したプラセンタが使われ、サプリメントとして製品化されているこの成分の中でも、最も安全性の高い人間の胎盤由来のものが医療機関では使えるという特徴があります。

最近、急速に注目を集めて更年期障害の薬の一つとして用いられることが多いプラセンタには、豊富な栄養と心身全体への効果という特徴があります。プラセンタは動物の胎盤からの抽出物のことを指すため、実際はプラセンタの中にさらに様々な栄養素が含まれています。ビタミンからミネラルまで身体に必要な栄養を満遍なく含んでいるプラセンタは、天然成分にも関わらず一般的なホルモン薬のように女性ホルモンそのものに作用する効果も示唆されています。人間由来のものはもちろんですが、比較的安価な豚のプラセンタも安全性が高く、ホルモン薬に比べて副作用が出づらいという点で人気です。また、更年期障害の症状がそれほど酷くはないものの少し治療を受けたいという方からも、作用が穏やかなプラセンタ治療が注目を集めています。